プロファイル

特許弁護士法律事務所Isenbruck | Bösl | Hörschler LLP は、主要な知的財産権法律事務所のスピンオフの結果として 2003 年 1 月に登場しました。「特許法のその年の特許事務所」として、2006 年にユベントス賞をうけましたが、それは、当事務所が、その後主要なドイツの知的財産法律事務所の間での地位を確立したことを示しています。

主な国際法律事務所の例に続いて、2009 年 1 月に当事務所は最初のドイツの特許代理人法律事務所となり、その仕事を英国の法律の下での有限責任事業組合 (略称:LLP)として継続しています。

当事務所は、Mannheim、Munich、およびDüsseldorf に事務所を持ち、したがってドイツにおける知的財産権の起訴と訴訟の最も重要な場所に存在します。選択した、質の高い、外国人の仲間と協力して、当事務所は世界中で完全なサービスを提供致します。

実践の分野には、特に特許に関する起訴、防護、および実用新案、意匠権、商標、デザイン、作成よびライセンスと協力協定の起草と交渉におけるクライアントのコンサルティングなど、知的財産の保護のすべての側面が含まれます。さらに、当事務所は、技術プラットフォームと知的財産ポートフォリオの評価においてクライアントを支援します。Isenbruck | Bösl | Hörschler LLP は、すべての技術分野をカバーし、特に化学、バイオ、物理、機械、電気工学のすべての側面に精通しています。

訴訟やその他の民事裁判所の手続において、弁理士が高く評価されている外部の弁護士と協力します。

Isenbruck | Bösl | Hörschler LLP は、重要な国内および国際的なクライアントに助言致します。クライアントには、主要な企業およびスタートアップ企業内の基幹産業が含まれますが、特に後者はバイオテクノロジーの分野です。

当事務所の弁理士は、ヨーロッパおよび世界中のクライアントが最良の結果を得るために、最適な費用対効果によって知的財産のすべての分野で最高の基準を提供することに力を入れております。